top of page

オーダーメイドのマンツーマン指導

1回60分オンラインの完全個別指導です。

すべてのレッスンを同じ講師が担当し、合格まで伴走型で支援いたします。レッスン内容は、中小企業診断士試験の一次試験・二次試験に対応し、目的に合わせてカスタマイズ可能です。​

10回_edited.jpg

★新規の生徒様は、10回コースのみお申込みいただけます。

  • 回数が余った場合は返金or実務従事に充てることが可能です。​

  • 以下に該当される、4回希望の方は「お問い合わせ」からご連絡ください。

    • ​​勉強が得意で、だからこそ診断士試験の効率的な勉強方法に関心があり、課金を厭わない方

★個別指導の入会金について

  • ​個別指導のお申し込みには上記レッスン料とは別に入会金5万円(税込5.5万円)が発生します。

  • 個別指導に入会された生徒様は1回のオリエンテーション事例Ⅳ特訓を無料で受講することができます。事例Ⅳ特訓はタイミングによっては録画受講となりますので予めご了承ください。

  • 事例Ⅳ特訓の生徒様は入会金なしで個別指導を申し込むことができます。

★返金保証あり

  • 万が一個別指導にご満足いただけなかった場合、無条件で途中解約することができます。

  • 30日以内かつレッスン4回以内の場合、レッスン料の全額を返金します。入会金は除く。

  • 30日以降やレッスン5回以上の場合でも、未実施の回数分のレッスン料を返金いたします。

  • ご満足いただけず返金制度を利用された場合、以降は全てのサービスを利用することができません。​

  • ​返金保証は個別指導が対象です。事例Ⅳ特訓・一次試験特訓・実務従事は返金保証の対象外です。

​★初回は無料のオリエンテーションとなります。

例えば、

  • ​10回プランの場合、オリエンテーション1回+レッスン10回となります。

  • 4回プランに2回プランを追加する場合、オリエンテーション1回+レッスン6回となります。

★個別レッスン終了後のフォローについて

  • 個別レッスン終了後も事例Ⅳ特訓のピアラーニングは継続してご利用いただけます。

  • ​毎月、点数表・生産性チェックシートを提出いただき、講師が進捗をフォローいたします。

★イエローカード・レッドカード制度について

  • レッスンまでに約束していた宿題を何度もやっていただけない等、レッスンの開催が困難な場合、まずは警告します。(イエローカード)

  • 再度、情状酌量の余地がない事象が発生した場合、通常レッスン予約ができなくなります。(レッドカード)

    • ​返金退会  or コーチングのいずれかをお選びください。​​​​

    • コーチングは加藤先生(or松永)が担当し、レッスン回数が消化されます。​

入会からレッスンまでの流れ

Step1 説明会動画を見る

Step2 レッスンを受ける環境の確認

講義はすべてオンライン・Teamsを用いるため、使用できる環境かご確認ください。

勉強でもiPadの利用を推奨していますが、お持ちでない場合は答案用紙をスマホで撮影して提出することも可能です。

Step3 フォームよりお申込み

お申込みはお申し込み・お問い合わせフォームよりお申し込みください。

Step4 料金のお振込み

​お申し込み後、お振込金額と振込先の銀行口座をお知らせいたします。

Step5 初回オリエンテーションの受講準備

オリエンテーション前に「勉強の生産性チェックシート」等いくつかお送りしますので、チェックシートの入力等をお願いします。

​レッスンスケジュールは担当講師より予約可能な日時をご連絡させていただきます。

充実したマンツーマンレッスン

MicrosoftTeams-image.png

勉強の生産性チェックシート

全44問の「勉強の生産性チェックシート」でまずはあなたの勉強方法の現状・課題を明確にします。

なぜその勉強方法はいい方法なのか?

なぜその勉強方法は無駄なのか?

をお伝えしながら、正しい勉強方法を身に着けるためのアクションをご提案します。

memo2.png

問題用紙やメモも確認して点数が伸びない要因を見つけます

点数が伸びない要因として、知識が足りないだけではなく、試験中の問題の解きかたや、解答を導くまでのプロセスに要因があることが多いです。

​レッスン中は、解答とメモを確認しながら、なぜミスをしてしまうのか、なぜなぜ分析を繰り返しながら特定します。

議事録.png

レッスン後は議事録の配信

レッスンのあとは、ポイントをまとめた議事録を配信いたします。

​このままミスノートとして活用することが可能です。最初は自分でミスノートを作ることが難しいという人もいますが、講師が配信する議事録を参考に、正しく振り返り・ミスノートを作成して、ゆくゆくは自走できるように支援いたします。

推奨教材

過去問5年分の「ふぞろい」

  • ​正解が公表されていない二次試験において、統計的なデータである「ふぞろい」は唯一の羅針盤です。

MMC模試 第3回・第4回

  • 初見問題で母集団の中での順位を把握するためにも模試は最低限2回は受けていただきます。

  • その中でも、個別フィードバックがあるMMCを推奨しています。

​事例Ⅰ〜Ⅲの必要情報(100分)

二次試験対策の生徒様は1回目のレッスンまでにご覧ください。

お申し込み・
お問い合わせ

プライバシーポリシーをご確認ください

送信が完了しました。

お申し込み・お問い合わせありがとうございます。

1週間以内にご連絡します。

Woman with Computer
bottom of page